ダンススタジオの歴史とは

ダンススタジオは、非常に昔からあるものであり遡る事江戸時代まで遡る事が出来ます。当時、南蛮から様々なものが渡来してきましたがその中でも有名なのが、洋服とダンスでした。南蛮ではダンスが盛んに行われており、多くの南蛮人が日本人にダンスを教えた事が由来となっています。そこから進歩して、初めて社交ダンスを踊ることができる施設が明治時代に誕生し、ダンススタジオの原型となる場所が存在しました。ダンサーと呼ばれる職業が誕生したのもこの時期と言われています。

ダンススタジオで踊りを勉強する

ダンススタジオでは、様々なダンスを学ぶ事が出来ます。その為にダンスサークル等に所属するよりも真剣にダンスを学びたいと言う人にとっては非常に便利な施設であり、練習を重ねていくにつれて確実に上達していきます。また、ダンススタジオで行っているダンスは、社交ダンスからロックダンスまで様々なダンスを取り扱っているために、年齢層も非常に幅広く最近では親子でダンスを学びに来るといった事も少なくはないために、徐々に注目されています。

ダンススタジオで開かれている大会

ダンススタジオでは、ダンスの大会を開催する事があります。主に、部門別に大会が開かれると言う訳ではなく、表現力によって審査されるためにどのダンスが一番素晴らしいかと言う事を決める大会でもあります。その為に、優勝者は長年ダンスを経験しているベテランが優勝する事もあれば、入って間もない生徒などが優勝する事もあります。単にダンスを学ぶと言うだけでは無く、モチベーションを上げる事にも繋がるために非常に便利なイベントですね。

ダンススタジオに必要な設備は、壁に作りつけにされた鏡です。ダンスは、鏡を見ながら自分のポーズを修正したり、大勢で踊る場合は横の人とのラインを揃えたりするのに鏡でチェックしながら練習します。前面だけでも良いですが、前面と横面の2面鏡が備わっていると、前からと横からの姿勢をチェック出来るので、練習しやすくなります。