誰もが憧れる有名人は意外と大変

芸能人、スポーツ選手など世間をにぎわす有名人。自分もああなれたらいいなと漠然とした憧れを持っている方が多いかもしれません。しかし、有名人ともなると色々な縛りが発生し、生活するのも一苦労なのです。CMなどを契約していればその契約に反することはできませんし、ちょっとした事故でもすぐに週刊誌などに大きく取り上げられイメージダウンしてしまいます。つまりプライベートと仕事の区別がない生活を送ることになってしまうのです。

ちょっとした買い物にもパパラッチ

有名人だって一般人と同じようにご飯を食べたり掃除をしたりなどの日常生活を送っています。そのためにはスーパーなどで買い物をしないといけませんが、そんな日常の行動にもパパラッチが付いてくるのです。パパラッチは仕方ないとして周囲の一般人にばれないように変装をして買い物をしないといけない、しかし有名人はそうしてもすぐにばれてしまうのでサイン攻めにあって大変など、買い物にも一苦労なのです。それを避けるため通販ばかりになり、外出もままならない有名人も多いのです。

有名人も人間なのだから放っておくべき

パパラッチは仕事なのである意味仕方ないとして、私たち一般人は有名人をプライベートで見かけてもそうっとしておくべきです。サインが欲しいかもしれませんが、彼ら彼女らも私たちと同じ人間でオフも欲しいわけなのです。オフがあってはじめてオンに輝けるわけですから、サインが欲しい気持ちはグッとこらえて優しく見守ってあげるべきです。自分が有名になったとしたらプライベートがなくなるのは嫌でしょう。そう考えてオフかなという時は放っておくことです。

山本英俊はもともとパチンコ業界の人ですが、その範囲にとどまっていないです。あらゆる慈善活動にも積極的にかかわっているし、イベントのスポンサーにもなったりと活躍しています。本業はかなり順調なうえにそうした活動をしています。