包茎の種類は何種類?

包茎には「仮性包茎」「カントン包茎」「真性包茎」の3種類があるという事を知っている方は多いですよね。仮性包茎は、最も多い包茎の種類となっていて平常時は亀頭が皮に覆われていますが、勃起時には問題なく亀頭を露出する事が出来ます。カントン包茎は、包皮の輪が小さい事が特徴となっていて無理に亀頭を露出させようとすると皮が元の状態に戻らない場合もあります。真性包茎は、亀頭と包皮が癒着している事から勃起時に強い痛みを感じたり生活に支障をきたす場合もあるといったそれぞれの包茎で異なる特徴があるんですよ。

包茎は放置しても平気?間違った知識とは?

包茎をコンプレックスに感じている方は多いですよね。恥ずかしくて相談する事が出来ない方や治療を躊躇っている方も多いと思います。しかし、包茎は放置する事で様々なデメリットを引き起こします。皮で覆われている事で通気性が悪く菌が増殖しやすい環境となっている事で恥垢が溜まりやすく悪臭を放つ事は有名ですよね。また、性交渉等で性病に感染する確率が高くなっているといった特徴もある事から恥ずかしがらずに医師に相談をする事が良いと言えるでしょう。

包茎の治療方法とは?

包茎の治療方法としては、「亀頭直下縫合」「縦切開横一文字縫合」「バックカット」といった様々な種類がありますが、多くの病院で行われているのが亀頭直下縫合手術です。亀頭直下のギリギリの箇所で包皮内板を切除して包皮外板と縫合する事から縫合部が亀頭に隠れて見えにくい事や手術後の亀頭周辺の色に不自然さが出ないといったメリットがあります。じっくり見ないと手術をした事は分からないのでバレる事がない事は嬉しいポイントですよね。

包茎がコンプレックスで悩んでいる場合には技術の高い専門のクリニックで手術を受けることで綺麗に仕上げることも出来ます。