メンタル的に弱くなった現代人

会社勤めの人たちの間でもうつ病にかかる人は多く、実際にうつ病である人でも自覚していないケースもあります。昨今注目されてきたのはそのような精神的にダメージを受けたり与えたりする職場環境の悪化がひとつも原因と考えられます。また反面、人自身もメンタル的に弱くなって育ってきた家庭環境もひとつの原因として考えられます。戦後の高度成長期においてイケイケで働いてきた状況よりも、完全週休二日などといった労働条件の軟化も従来と比較しても精神的に弱くなる原因のひとつです。

環境の悪化も発症の要因

会社でちょっとした叱責を受けた場合にも精神的にダメージを感じてうつ病を発症したり、また一方では上司がパワハラなどのようなハラスメントをおこなうことで普通の人でもダメージを受けるまでに至ることもあります。そのような状態になった場合には、その人がうつ病になったことに対して周囲が気づいてあげて病院で診療を受けることを勧めることが大切です。そのままの状態が続くと危険なケースもあるために、早く診察させて治療をすることが大切です。

うつ病は治る病気で社会復帰も可能

うつ病も最近では多くの人がかかっていることが多く、そのように診察されていない隠れうつ病に人もいると言われています。そのために恥ずかしがらずに診察して治療することが早期回復のためには必要なことです。うつ病になったとしても治る病のために、うつ病になった原因から離れて治療を継続することで治るケースが多いです。一度うつ病になった人でも治療によって回復して、社会復帰して再発することなく働いている人も多くいます。

うつ病の治療には時間がかかります。日頃のストレスを軽減させる必要があるため、精神科医の診断のもと、会社を休職し治療に専念する場合があります。