うつ病の種類について

皆さん、うつ病と聞いてどんな印象を受けますか。気分が上がらない、落ち込んでいるような状態が続くという印象をお持ちの方も少なくないと思います。ですがうつ病にもいくつか種類があるをご存知ですか。まずはベーシックな気分が落ち込むタイプのうつ病。ストレス社会の今日、誰がなってもおかしくない病気なのです。ここで注意してほしいのが躁うつ病という暴れるタイプのうつ病というものも存在するということです。ほとんどが暴れていることを覚えている患者さんが少なく家族に危害が及ぶ場合もあるのです。

うつ病の原因はさまざま。

ストレス社会といわれている現代。うつ病も身近な病気だということですがどのようにしたらうつ病を防ぐことができるのでしょうか。うつ病の原因はさまざまですが、まずはストレスの原因を取り除くことが大切です。もし仕事や受験などどうしても避けられない時は他の自分の好きなことを取り入れて上手にストレスを発散しましょう。寝不足も原因の一つと言われているのでストレスを感じたらいつもより多く寝ることも対策になると思います。

うつ病はまじめな人がかかりやすい

うつ病は気分が落ち込んでしまい、悪化すれば自殺や自傷行為に発展してしまうある意味命の危険が伴う病気です。さらにストレス社会なため誰にでもかかってしまうリスクがそこにはあります。ですが中でも特にかかりやすいタイプはまじめで完璧主義というおとなしいタイプの人です。このような人は失敗した時や人間関係でうまくいかないときなどに重く受け止めてしいまい、結果的に自分だけで背負い込んでしまう傾向にあるようです。

うつの診断はネットなどを使ってセルフチェックができます。自己診断で疑わしい結果が出たならば、専門機関に相談するようにしましょう。